2008年02月23日

女性の地謡でシテを勤めます

4月20日の円満井会定例能。女性の地謡で私が『海人』のシテを勤める事になりました。昨秋や今年初めの予定番組では、シテは女性だったのですが、出演出来なくなり、後見の予定だった私がシテを勤める事になりました。予定だった本人も、その師匠も、舞いたかった・舞わせたかったのですが、叶わず、さぞ残念な事と思います。代勤の出来る私の健康を神様に感謝します。女性の事情ならば、女性の誰かが代勤すれば良いではないかという考え方も自然でしょうが、敢えて私が代わったのは、今回の『海人』の目的の一つの、「全員女性による地謡と、女性の子方の養成」という事が有り、女性の配役はそのままにして、私だけが穴埋め役に入った訳です。女性の地謡で私がシテを演ずる事は以前にも何度か有り、女性地謡・子方の邪魔にならぬよう、キッチリとしたシテを勤めたいと思います。以前、能楽の公式の会議で、率直な物言いをする囃子方の先生が、「アマチュアとプロの違いは、地頭をちゃんと謡えるかどうかである。優れたシテを舞うだけなら、アマチュアのかたにもいらっしゃる。地頭が出来てこそ本当の玄人。」と発言なさり、居合わせた諸議員も同感だった
みたいでした。私も同感でしたし、まさに父が力を入れて来た事業です。その事業を継承する為、普段の男性地謡の時に勝るとも劣らぬシテを勤める覚悟です。『海人』はシテもさることながら、地謡も子方も半端ではない。子方の「猛練習」は、もう始めて居ります。子供さんが長所を発揮出来ような「温かい心のこもった稽古」は、ひとえに私の忍耐力が要求される所です(冷や汗)。明日の『東北』が終わったら、4月の金春会定期能『巴』も女性地謡だし、その14日後が『海人』なんですから、大変ですが、プロの能楽師は「バイアスロン・トライアスロン」で鍛えられて行く物です。謡う機会が多い事を感謝すべきでしょう。(猫マーク)
posted by 金春安明 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。