2008年02月18日

このような中国人も居ますRe: もうすぐ元宵節Re:過年好!

北京の研究者(才色兼備)とのメールのやり取りです。メールの都合上CBA@の順になってますが、下から@ABCの順に読んで下さると解りやすいです。
C(安明から北京大学の研究者へ):正(まさ)にのび太君です。
B(北京から安明へ)>2007年1月1日から12月31日までの収入と必要経費を365日分書くのだそうですが、ドラえもんの野比太さんの書き忘れた夏休み日記を思い出しまして、失礼いたしました。お疲れ様です。
>また連絡いたします。
>〇〇より
A(安明より北京へ)>>メール有難う御座います。私は2007年12月下旬には、雑用に追われて年賀状をほとんど出せず、“戊子元旦”と印刷してあるため、2月7日に“農暦”と書き加えて出しました。2月14日は世間ではバレンタインデーですが、私にとっては、「所得税の確定申告の書類を書かねばならぬ。税務署の締め切り3月15日まであと何日。」というカウントダウンが始まる日です。風邪をひかぬように気を付けて、2007年1月1日から12月31日までの収入と必要経費を365日分書くのです。元宵節(旧暦正月15夜)までには下書きをまとめて税理士さんに清書してもらうのです。北京は東京より気温も低いし、湿度も乾燥していて風邪ひき易い気候ですから〇〇同学:引き続き健康にきを付けて。謝謝ni来eーmail! 2008,02,16 安明
@>>> 金春先生
>>>過年好!
>>>ご無沙汰しております。お元気でしょうか。
>>>うちは旧暦新年前からずっとひどい風邪と熱で、新年は本当に休みでした。
>>>やっと回復してパソコンに向かいまして、すこしずつ仕事を始めます。
>>>先生は二月にどの行事されるでしょうか。忙しいでしょうか。
>>>なによりも健康が一番大事なことと思いまして、くれぐれもご自愛をお祈りいたします。
>>>2月4日は立春ですが、こちらでは、まだまだ春の気配は見えないようですね。
>>>寒さに弱いので、早く春が近づいてくれればよいと思います。
>>>東京はもう暖かくなってきているではないかでしょうか。
>>>奥様にもChinese New Yearのご挨拶をよろしくお願いいたします!
>>>それでは、とりあえず、ご挨拶まで。
>>>〇〇より
2008-02-16
>        致
>礼!
2008-02-16
……(安明解説)世間では餃子騒ぎで持ち切りですが、中国の建国記念日の昨年10月1日に、ズサン又は故意の混入をやるなんて、中華民族の恥になるという配慮が欠落してて情けない事件です。政治と民族は区別しなくてはなりません。
昔、東欧から西欧に亡命した人がいました。記者会見や講演で、はじめの内は共産党の悪口を言っていると、お客に受けた。その内に回を重ねる内に、聴講者の求めがエスカレートして、というか、聴講者の本音は、たとえばチェコスロバキアなりユーゴスラビアなどの東欧の民族性の欠点を聞きたいのであって、東欧民族の習慣や気質を批判しないと聴衆に受けなくなり、つい迎合してしまった後で、すごい自己嫌悪になったとか。
中国は今、北京オリンピックと上海万博を控え、高度成長化の頃の日本みたいなものです。花森安次?主宰の『暮らしの手帳』の当時の記事を見ると、日本製は粗製乱造ばかり、キッチリした仕事をしてるのは欧米の物ばかりで、情けない状態でした。日本はその頃は環境汚染で「〇〇喘息」とか「〇〇病」などの公害病も沢山ありました。その時アメリカは日本に対して大騒ぎをしたのか、それとも、ついこの前まで占領していた敗戦国の事など気にも掛けなかったのではないでしょうか?日本は、セントバーナード犬の周りでウルサく神経質に吠える小型駄犬みたいにはなりたくないですね。(猫マーク)
posted by 金春安明 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84560983
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。