2007年08月29日

さっきのを一言で言うと

現存の『四声等子』は後世の改変本で、もっと昔には、原本『四声等子』とも呼ぶべき本があり、摂順も昔のママで、「梗摂」と「曽摂」の区別も原本『四声等子』では区別されていた。これは私が言い出した訳ではなく、張世禄氏が1938年に既に本に著している。という事。(猫マーク)
posted by 金春安明 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。