2007年08月29日

さっきのを一言で言うと

現存の『四声等子』は後世の改変本で、もっと昔には、原本『四声等子』とも呼ぶべき本があり、摂順も昔のママで、「梗摂」と「曽摂」の区別も原本『四声等子』では区別されていた。これは私が言い出した訳ではなく、張世禄氏が1938年に既に本に著している。という事。(猫マーク)
posted by 金春安明 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡目八目・四声等子には古本が有った筈

中国の古い音韻の枠の一覧表「等韻図」は、最も古く有名な物に、『韻鏡』、それと並ぶ古い同じ内容の物に『七音略』があり、どちらも、『広韻』の内容を一覧表にした物で、内容に文句はないのですが、細かい音の区別をそのまま残しているため、中国人にとっても日本人にとっても、詳し過ぎて不便なので、その後、それを統合した見易い等韻図が作られました。一番有名なのが司馬光の名前に仮託した『切韻指掌図』、同類に『四声等子』。あまり有名でないのに『経史正音切韻指南』が有ります。指掌図・等子・指南、三本とも、p、t、k終止の入声漢字をm、n、ng終止の韻母に対応させる他に、非鼻音終止の開音節韻母にも対応させ、元以後の中国語の都合に合わせているのが日本語に合わないと思う点以外は、まあ簡略で便利な図と思います。その中では『経史正音切韻指南』が日本人にとって有用と思います。指掌図や等子が気に入らないのは、「梗摂」と「曽摂」を統合しているため「兵ヘイ・ヒャウ」と「氷ヘウ・ヒョウ」の区別が出来なくなっているのが気に入らないのです。その点、『経史正音切韻指南』は、「梗摂」と「曽摂」を分立する等、日本人にも過
不足なく節度ある統合がされています。指南のひいきのついでに私の持論を強調しますと、通常の音韻の専門書には、“四声等子が「正宗」で『経史正音切韻指南』はそれを改訂した物であり、十六摂(梗摂、曽摂などの16の韻母の枠)も四声等子が提唱者”と書かれているのですが、私は如何かと思っています。まず、四声等子が梗摂と曽摂を統合するなら、始めから一つの摂とすれば良い筈で、既にそれ以前に十六摂が有ったからこそ、それを統合する事になったのでしょう。また、『四声等子』のページ順は普通の十六摂の順でなく、それなりの理由は有るのですが、順番を前後させています。『経史正音切韻指南』はその点、統合も少なく、摂の順番も昔のままです。これは、私が言い出した訳ではなく、1938年に張世禄氏が『中国音韻学史』(1998年、北京、商務印書館重印)下巻160ページ以後に「実本四声等子」「今本四声等子」「節次…図次不相応」などと早くから指摘し、現存の「今本四声等子」の前に「実本四声等子」が存在した可能性を指摘し、それを改訂したのが『経史正音切韻指南』であると書いているのです。その説が普及しないのは、中国人にと
って梗摂と曽摂の区別の必要性はあまり気にならず、私はそれにこだわる、という温度差があるのでしょう。私の「こだわり」はワザワザ古い事を有難がっている訳ではなく、梗摂と曽摂を分ける方が室町〜桃山時代の謡本の解釈に便利だから愛着とこだわりを持っているだけです。『経史正音切韻指南』は日本で直ぐには手に入れにくい本ですが、『康煕字典』の巻首に『等韻切音指南』と改名され、摂順もまた全然新たに変えられて収められています。順番は変わっていますが梗摂と曽摂を分ける点では『経史正音切韻指南』の特長を保っています。(別の表で、康煕字典の巻首のもう一つの表『字母切韻要法』は口語の発音に基づく新しい体系の物で、『等韻切音指南』の方が『経史正音切韻指南』に基づく中古音を説明した物です)。(猫マーク)
posted by 金春安明 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(2) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

岩波新書『漢字伝来』 中世日本のエウ韻

大島正二著。解り易い、読んでて楽しい、良い本。同じ著者に『漢字と中国人』というのがあり、これも良かった。ただし、『漢字と中国人』210頁の「注音字母」の影印はちょっと変だ。今日台湾で使っている「注音符号」=北京の現行『新華字典』に「漢語ピンイン」と並んで付記してある「注音字母」≒1918年公布の「万v、円周率のパイng、麻垂(マダレ)gn」を含む「老国音注音字母」、そのどれにも見えない変な字母が混在する。この変な注音字母は『蒼ケツ(吉に頁の字)たちの宴』(ちくま学芸文庫・武田雅哉著・売り切れ)と同じ出所だろう。両先生とも北海道大学だから。でも、おかげで中国近代のいろいろな発音記号を目にすることが出来たので細かい文句は言えない。……さて『漢字伝来』に話を戻すと、190ページに「アウ・エウ」として一括して、豪韻の高(カウ)、肴韻の交(漢音カウ・呉音ケウ)、宵韻三等の苗(べウ・メウ)、宵韻四等の焦(セウ)、セウ(草カンムリに粛の字)韻の暁(ケウ)をまとめていて、唐韻、陽韻、清韻などをアウ、ヤウと一括し、東韻などをオウ・ユウ・ヨウとし、登・蒸韻をオウ・ヨウと一括している。これは「字音仮名遣い」の通りで、最も至極なものであるが、「アウ・エウ・ヨウ」の区別が完全に合流して「しょー」となった今日の人が見たら「エウ」を「アウ」の拗音と解して「登・蒸韻」の「オウ・ヨウ」と対立したものと考えるだろう。漢詩の押韻を考えるにはそれが合理的なのだが、室町・桃山・日葡辞書の時代は「アウ・ヤウ」≠「エウ」=「ヨウ」だった。世阿弥自筆能本もその体系のはず。私はかつて「能楽学会」で「定家時代〜世阿弥〜室町〜桃山〜日葡辞書までの発音の枠も、歴史的仮名遣い・字音仮名遣いの発音の枠も、中世の音韻の枠をはみ出ませんので」等と、発表当日のレジュメにチョット手を加えただけの40枚の雑文を「論文」などと称して投稿したのですが、「体裁が未整理」とのことで門前払いの不掲載になりました。不掲載になってかえって良かったかも。なぜなら、「中世の音韻の枠をはみ出ない」どころか、「字音仮名遣いはエウをアウの拗音と解し、定家〜日葡辞書はエウをヨウとひとまとめにし、アウ・ヤウと対立させている」ということが今わかったからには、「字音仮名遣いは中世の音韻の枠と矛盾する」というべきになり、私のかつての言い方は不充分だったということになるからです。猫
posted by 金春安明 at 05:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

んでバテて、でも『元朝秘史』

自分のブログはソコソコに、人のブログのコメント欄にチャチャ入れてる無気力人生。でも、本は読んでます。岩波新書『元朝秘史』小澤重男:面白い。「原名は無かった」とかはさすが専門家。「sとqの誤写は原文がウイグル文字だった証拠」は説得力有り。だけど、一歩ひいて「岡目八目」で考えたら、それが即「パスパ文字説の否定」にはつながらぬ。小澤氏によって「ウイグル文字原本」の存在は理論的に証明されたけど、“「ウイグル原本のsとqの混乱、aとeの混乱」をもとにして、それにまどわされた「パスパ文字本」という物が存在して、それから「漢字本」ができた”ということの否定には全然なってない。服部大先生の“パスパ文字本の存在説”とは話がすれ違いになっちゃっているのだ。まあ、斉魯書社『元朝秘史』(鮑思陶)みたいに「総訳本」の細かい細かい注釈に神経を使い尽くしちゃったあげく、「校点後記」にもどこにも“『元朝秘史』の現存本で最古かつ最も有意義で一般に研究対象になっているテキストの形態は「蒙古語漢字音写・漢語傍訳・漢語総訳」から成っている”という「一番大事な事」に一言も言及していない、なんていう“ポカ脱け解説”の本(こういう本は、初心者を惑わす)も世の中にはあるんで、小澤氏の本なんかいい方か。猫
posted by 金春安明 at 03:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

ラッキー!

23,24,25三日間、のべ16人、最高55歳最低7歳、平均年齢15歳、の男女の稽古。ブログをかく気力も無く、ひとのブログをのぞいていると、や!『大藏流 狂言 大藏基誠「公式HP」』が昨日からブログを始めたのを見つけました(公式HPは以前から在り)。まだコメントがゼロ。新雪に喜ぶ子供の如く早速コメント書き込み第一号。ペンネームで書いたが、私のブログのURLを打ち込んでおいた。まもなく第二号のコメントは本人から私へ返礼のコメント。やったー!猫
posted by 金春安明 at 23:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

昨日は何度も着替えましたが

昨日は相模原薪能。天候が不安定で、まず、素謡『翁』がはじまり、能『舟弁慶』の前シテの準備をして着替え始めたら、雨が降りだし、その中で、仕舞と狂言まではガンバってやって頂いたのですが、能は無理だから、前シテの仕舞と後シテの仕舞の形に変更しよう、となって、十分間休憩を入れて、その間に憲和の紋付を借りて仕舞の服装に。そしたら雨がやんで、でも、またあと天気がどう変わるかわからないので、能『舟弁慶』は雨がやんでるあいだに「半能」で(後半のみ)となり、また憲和に紋付を返して、私の役は省略。昔、奈良の薪能で、私が装束をつけてから、降雨中止となった時、桜間金太郎(龍馬)氏が私に「やるきになって中止になった時はヤル気が溜まったままにならぬよう、発散させるようにしないと体調をくずしますから気をつけて」と言って下さったのを思い出しました。帰宅後、十時間眠りコケたのですが、覚えてるのはグロな夢ばかり。ヤル気を通して判官の装束を着けて脱がなかった井上君は後半だけでも発散できて正解でした。猫
posted by 金春安明 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

続きが早く知りたい方は

パソコンの方は右下のリンク、携帯の方はそれぞれの指示によって、『駆け出し能楽師の奮闘記』にリンクしたら2007,8,21に「熱海 虫干し」という記事が有ります。皆に申し訳なかったのは、セントラルエアコンが故障していて、二階の稽古舞台用の補助エアコンしか効かなくて、虫干しが終わった物をたたもうとしたら、汗が落ちてくる有様。三時半終了、散会。猫
posted by 金春安明 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

虫干し

昨日(20日)は装束の虫干し。朝10時から、途中12時半から1時半まで昼食休み、終了は3時半。その前の二日間は免状書きで散らかしていたし、奥の、扇や鬘帯の部屋は5月13日のお弟子さんたちの発表会の草紙洗小町=すんごく人数の多く出る能で、胴着(下着)をたくさん出した後遺症が残ってた=の後始末がそのままになってたので、あさ7時起きで、皆が虫干しを出来るように、前と奥の部屋の大片づけ。女の人もみえるから、1階と2階の便所も夏休みでしばらく清掃してなかったのを、大掃除。ア、今21日朝10時、今日は1時から英語のHPの取材を受けるので、今からその準備、「虫干し」の話は次回報告します。出席者は深津・横山・井上・昌弘・忍・綱雄(おおむね来た順)の6人でした。(つづく)猫
posted by 金春安明 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

月報に流用しちゃった

夏カゼ。月報の締め切りもあり、苦し紛れに、今日用の記事は『金春月報』9月号の「円満井談義」に使ってしまいました。あまり面白い記事でもなし。月報の読者にも申し訳ないんですが。なお、月報は『わんや書店』にも置いてくれてますし、右のリンクで(社)金春円満井会に定期購読を注文することも出来ます。猫
posted by 金春安明 at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

ワイワイがやがや:江戸時代の伝授法

今日、井上君と洋太郎さんの「乱拍子」の申し合わせ、無事に済みました。昨日、続きは明日などと書いてしまいましたので、ざっと書きますと、申し合わせに関することではなく、伝授の時の作法なのですが、正装に身を固めて習う、なんてことは常識に沿った話で面白くも可笑しくもないのですが、面白く感じたのは、ほかの弟子たちに漏れ聞こえて秘伝が流出しないための工夫です。人を避けて密室で伝授するのかと思いきや、逆で、伝授する部屋の障子・フスマはもちろん閉めるのでしょうが、隣の部屋に弟子たちを皆あつめて、それぞれに各自の謡を稽古させ、騒然とさせておいて、その間に隣の部屋で静かに(?)秘伝の伝授をおこなったのだそうです。五流皆そうなのか、金春だけの話かは知りませんが、習った方の人が、丁寧に書き物に残しているので、噂や作り話ではないです。猫
posted by 金春安明 at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

明日は乱拍子の申し合わせ

12月の井上君の道成寺、その一ばん難所、秘事とされている乱拍子の申し合わせ(リハーサル)は通常数ヶ月前に小鼓とシテと立会人の三人で、乱拍子のところだけを行います。本番数日前の申し合わせでは乱拍子のところは抜いて、その前後の申し合わせをするのが、つい数年前までのしきたりでした。理由は、申し合わせと本番の二回も皆に見せてしまうと、まだ道成寺を許される立場でない人が乱拍子を見覚えてしまう恐れがあること、もう一つは、直前に乱拍子をやると、リハーサルとはいえ、本気でやりますから、シテの疲れや小鼓の咽の調子が本番までに回復しないから、というのが理由でしょう。江戸時代には、乱拍子の伝授にあたって、ほかの人に盗聴されないためのテクニックがありました。そんなことを書いていると、深夜になってしまい、明日の乱拍子の立会いに障りますので、それは明日のお楽しみ。猫
posted by 金春安明 at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金封には金額を記入すべし

前回は本田さんのポカを書きましたが、実は父もポカをやっていたのです。奈良の菩提寺へのご挨拶を現金書留で送ったのですが、しばらくして電話。「まことに失礼な申しようでございますが、このたびお送りいただいた金封に、金額は規定どおり記入してあったのですが、中身が入っていなかったのですが」。鄭重にお詫びし、送りなおして事なきを得たのですが、これが、お中元とかお祝いの場合、相場が決まっていませんから、間違えて一万円贈るところを千円札を入れてしまったとする。金封に「一万円在中」と書けば、手違いと判るのですが、金封に明記しない習慣の人も多く、その場合、「何だこのケチ」と思われて永久にそのまま、ということが有り得るのです。七万円を六万円と間違えるようなことはもっと多いでしょう。だから私は体裁が悪くても、かならず金額を書きます。能のワキ・囃子・狂言の三役の場合、出演料いくら、申し合わせ料いくら、装束料いくら、交通費いくら……等の明細も書き、項目に漏れがあったら先方にすぐわかるようにしています。猫
posted by 金春安明 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

本田光洋さんからのメール

能楽協会前々理事長の任期中の辞任を受け、残り期間のワンポイントリリーフを満了、新規改選では「他の芸術界に顔の知れ渡った大御所」を配し、自分は常任理事として、身軽に理事長を補佐する立場になった本田光洋前理事長。お疲れ様でした。さてその本田さんからメールが来ました。「10月2日火曜日の大隈講堂での『翁』の申合をいたしたく。10月27日木曜、28日金曜……の内で……ご都合悪い日時ありましたら……」これ、本番の後で「申し合わせ(リハーサル)」をやるなんて変だと思い、手帳を見たら9月27・28が木・金なのですね。それで、スケジュール調整に支障はなく、此方の都合を返事しました。本田氏は、舞台も、事務能力も、社会人としての常識も、三拍子そろって優れた人なんですが、まれに稚気愛すべきポカもする、同輩以上からは「みっちゃん、ミッちゃん」と呼ばれる、5〜7歳は若く見られる、常識を備えた自由人です。猫
posted by 金春安明 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定家仮名遣Kをんな(続き)

先月、7月7日にJとして「女」が「おんな」か「をんな」かについて、『伊勢物語・三条西家旧蔵本=現学習院大学蔵=武蔵野書院影印本』と『伊達本古今和歌集・笠間書院影印本』は「をんな・をむな」と「を」を使い、『朝日古典全書・謡曲集』の「凡例」に載っている「『車屋本の仮名遣≒定家仮名遣』と『歴史的仮名遣』の対照表」によると、車屋道セツは「お」を使っている様に取れる。車屋の原本を調べる暇も無く、周辺をウロウロしているのですが、もっとはっきり「をんな」が定家仮名遣である事を書いた本を見つけました。『いろはうた(中公新書・小松英雄著・品切れ?)』に『下官集(原名「癖案」)』にちゃんと「おとこ」「をんな」と書いてあります。さらに念のため『叢書 想像する平安文学 第8巻 音声と書くこと 勉誠出版(株)』所収の坂本清恵先生の表にも当たってみました。この表は元々の叢書名が『想像する平安文学』だからでしょうか、「定家仮名遣」の実例を「歴史的仮名遣」で検索せねばならぬ、読んでいて頭がクラクラしてくる表ですが、我々素人に資料を提示していただける事自体が有難いのですから、「体裁が未整理」などという贅沢は坂本先生に失礼であって、先生の言わんとすることは、読むほうで頭を二回転させてじっくり読めば何のことは無い、読者は贅沢を言ってはいけません。坂本先生の表によってよくよく翻訳・変換すると、「男」は「定家仮名遣」で「おとこ」と書かれ、車屋本の「おとこ」、『伊達本・古今集』『三条西家・伊勢物語』の「おとこ」とおなじです。「女」も坂本先生の表を翻訳・変換し、真髄を読み取ると『伊達本・古今集』『三条西家・伊勢物語』の「をむな」「をんな」とおなじで「朝日」の「凡例」の「おんな」とは異なります。さて、この「女」を朝日の凡例がなぜ「おんな」などと書いたのかは車屋の原本に当たるのが第一ですが、先回りして想像すると、坂本先生の表に「女偏に区」と言う漢字があり、老女の意味でしょう、定家仮名遣で「おうな」と書いていた。この「老女」の「お」と「女」の「を」が車屋で混乱していると言う可能性は有るかも知れません。猫
posted by 金春安明 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世阿弥忌に憲和が出席

銀座の金春祭りの楽屋で穂高君に聞いたら、8日は東京で仕事とのこと。「おんまつり」をテーマに奈良でやるのに、「金春家がボイコット」などと思われるのも困ると思っていたら、憲和が「僕行こうか?」と例の軽いノリで引き受けてくれました。そして、ちゃんと時間までに到着し、夜の交歓会にも出、東京に帰って来ました。猫
posted by 金春安明 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

世阿弥忌断腸欠席

人に誘われて、前後のスケジュールをシッカリ考えもせず福岡を引き受けたのは、あくまで私の自己管理責任。もう年齢を考えねばならぬようで、夏カゼ。明日の銀座も毎年体力的には厳しい。8月8日の奈良の世阿弥忌のテーマは「春日・おんまつり」なので是非行きたかったし、本来、行くべきなのですが、何せ肉体労働者は体が資本ですので断腸の思いで関西の先生方に「宗家のドタキャン」メール。伊藤正義先生、天野文雄先生に連絡が取れなかったのは申し訳ないのですが、東京からご出席のはずの石井倫子先生からお返事を頂いたので、他の諸先生にも概ね届いているはず。8日は「宗家のお仕事」に専念します。猫
posted by 金春安明 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オールバージョン羽衣。

友閑の小面だけではまだまだお客さまに申し訳ないと思い、脇・ワキツレ・囃子方にお願いして、通常の地方公演では「一声キリ」と称して、「万里の好山に雲たちまちにおこり…忘れめや…風向こう、雲の浮きなみ…」は大抵省略されるのですが、今日は特に全部演じてもらい、私も「あるいは…」、「破ノ舞」など全部致しました。後の宴会、十時(ととき)さんの奥さまと御子息と話しし始めた時、中央紙の記者が羽衣の写真を載せたいと言って来て、今は肖像権・カメラマンの著作権・催主の承諾などヤカマシイ時なので、能楽協会のサイトを見るように言い、ついでに『金春安明不定期日記』を紹介してたら、宴会がおヒラキになってしまい、十時さんとはお話ししそびれ。東京に帰ったら手紙を書かなくちゃ。(猫マーク)
posted by 金春安明 at 01:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

Youさんへ

「銀座金春祭り二回目,に対するYouさんのコメントに返事を書きました。御覧ください。
posted by 金春安明 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洋服とアナクロの続き

森常好さんも稽古能では洋服。昨日(3日)の時、私に忠告してくれた囃子方には言いそびれたが、昔、能楽養成会の公開稽古会で笛の内潟さんは詰め襟、金ボタンの学生服で吹いていた。経済的に和服や袴を買う段階でなかったのだろう。見ていて違和感はなく、いかにも修行中という好感を持てた。内潟さんは、その後プロとして大成した。囃子方に言ったのは「カブトムシは中が柔らかく、表面で固めている。脊椎動物は脊椎という芯が通っているので表面は軟らかい。」と言ったのだが。それともう一つイヤなのは、これも囃子方に言ったのだが、「国立能楽堂の一般公募の応募生に浴衣をユニフォームのように着せる事はおかしい。能楽堂は三宅坂の歌舞伎の国立劇場とは違うのだ。歌舞伎と能をごっちゃにしないで欲しい。国立には気心しれた、有能な人が居るから、一度相談してみよう。(猫マーク)
posted by 金春安明 at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福王づけ

昨日は茂十郎さんと会議で会った。帰りに能楽堂の入口で村瀬純さんに挨拶した。今日は新幹線で新大阪で降りる時福王流のワキツレの人が直ぐ後ろの席に居て、挨拶し、改札口で和幸さんにも挨拶した。福王流の主な人に連続挨拶した事となった。(猫マーク)
posted by 金春安明 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 能と音韻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。